鹿児島のニュース
今年夏の参院選鹿児島選挙区で民主党県連は10日夜、擁立を決めていた党県連副代表の皆吉稲生さんの公認を取り下げ、連合鹿児島事務局長の下町和三さんを擁立することを決めました。これは10日夜、鹿児島市で開かれた民主党県連の緊急常任幹事会で決まったものです。民主党県連によりますと皆吉さんから「幅広く支持を得られる人で、TPP=環太平洋パートナーシップ協定などの問題にしっかり主張ができる候補を探すべき」などと再検討の申し出があったということです。そして新たに、全農林労組出身で農業問題にも詳しい連合鹿児島事務局長の下町和三さん56歳を擁立することを決めたということです。無所属での出馬を検討しています。参院選鹿児島選挙区をめぐっては野党統一候補の擁立を目指す市民グループが無所属の独自候補を今月中に擁立する方針を表明しています。共産党と社民党もこれに同調しており、今回、下町さんが無所属で出馬すれば、野党統一候補となれるか注目されます。参院選鹿児島選挙区には自民党現職の野村哲郎さん72歳と、政治団体・幸福実現党新人の松澤力さん33歳が立候補を表明しています。
全国のニュース
  • JUカーパーク鹿児島
  • シナプス
  • MBC住宅展
  • MBCハウス
  • M-Labo
  • 2015鹿児島県 私立中・高フェア
  • 第20回 龍馬ハネムーンウォークin霧島